2008年10月19日

不動産保有時にかかる税金

<不動産保有時にかかる税金>

毎年、1月1日に固定資産を保有しているとかかる税金としては
固定資産税、都市計画税、宅地並み課税、地価税の4つがある。

・固定資産税:土地,家屋,償却資産といった固定資産に対して
      課税される地方税。

・都市計画税:土地と家屋に対して課される地方税。下水工事
       など、都市計画事業などに要する費用の財源に
       される。

・宅地並み課税:本来、宅地ではない土地について、宅地と
        同様の課税負担とする制度。対象は、農地
        のうち、市街化区域農地に該当するもの。

・地価税:土地に対してかかる税金。課税価格−基礎控除額
     の0.3%がかかる。地価税は、バブル崩壊後の
     低迷している土地状況を考慮して、現在は課税されて
     いない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21481274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック