2006年12月14日

定率減税

<定率減税とは>
 定率減税は、平成不況時の1999年に、小渕首相が景気対策の
一環として導入。税額に対して所得税の20%相当額、住民税では
15%相当額が減免されるというもの。
 この定率減税は、景気対策であったため、恒久的な減税処置では
なく、一時的なもの。
 2005年の税制改正で段階的な撤廃が決まった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2365623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック